トップへ 新築
施工例
リフォーム
施工例
暮らしのご提案 住まいづくりのステップ Q&A
安心保証リンク集会社案内お問合せ小池住研トップへ

自由自在に我が家づくり増改築にも柔軟に対応できます。
将来の増改築のニーズにも柔軟に対応。子供が大きくなって一人部屋が欲しくなった時、さらに成長し独立して家を出た時、そして二世帯が同居するようになった時のことを想像してみてください。将来長く付き合っていけるということは、これからの住まいの大切な条件です。

どんな敷地でも有効活用できます。
長く伸びた、細長い敷地や坂になっている敷地など、敷地の形は千差万別。アイディアしだいで個性が発揮できるスペースだとお考えください。私たちがどんな立地条件にも解決策を見つけだし、最適なプランを提案いたします。

日本の気候風土、四季とともに暮らす家づくり。
地域によって、日差しの強さも違えば、風の吹き込み方も違います。開口部を微妙に変えたり、軒の突き出し方を変えたりしながら、自然と上手に付き合う作り上げていくのが私たちの技術。あなたの住む地域にあった最適な住まいを提案いたします。

街並みに映え、周囲と調和する家づくり。
住まいを建てようとお考えの周囲の環境は、どんな様子でしょうか。生垣の家が多かったり、暖色系の外壁が並んでいたり、そんな周囲の家々や街並みを考慮した家づくりなら、一段と素敵な家が出来上がることでしょう。地域に根ざし、地域の住宅事情や嗜好を知る私たちが、人と人との絆を大切にした家づくりをお約束します。

アフターフォローも地元の私たちにおまかせください。
住まいをいつも住み良い状態のままで保ち続けるには、こまめなメンテナンスが必要です。お気づきのことは、どんな小さなことでもご相談ください。自慢の技術とアイディアで、すぐに対応いたしますので安心しておまかせください。また増改築のご相談にも迅速に対応いたします。

基本方針
小池住研が"環境の時代"に提供するこれからの住まい。ひとりひとりが地球の自然にやさしく、環境を守るために、小池住研は住まいづくりを通じて、地球環境保全活動を推進します。人が安心して、豊かに健康に「永く快適に住まう」時代へ、品質ナンバーワン企業を理念に掲げ、小池住研は、『人と自然と社会の調和』実現に積極的に貢献します。

木の家は環境にやさしい
石油や石炭、天然ガスなどの、消耗資源に比べ、木は、伐って使っても、その後に植林して育てていく限り、決してなくなってし まうものではありません。
木は非常に製造エネルギーの少ない建築材料です。建築に一般に使われる鋼材と比べても、木の製造エネルギーはたったの0.3%。それもそのはず。木は、水とCO2を大気と土の中からとりこみ、太陽の力で光合成を行って有機物をつくり 出し、それを自分の体としていくものです。つまり木をつくるのは、ほとんどが自然の力 なのです。
木はチップにして紙の原料とするなど、何段階にもわけて有効に使ってい くことができます。また、最終的に燃料として使うときも、二酸化炭素以外、いっさい有害なものは出しません。まさに資源の優等生です。

快適な室内環境を創造します
木は天然のエアコン、快適な暮らしを提供してくれます。木は断熱性にも優れており、湿度コントロール機能も備えています。また近年増加する傾向にあるダニによるゼン息やアレルギーが増えているのは、住宅の気密性が高まり、湿気が閉じこもってしまうのが原因。木はその調湿効果と天然の殺菌作用で、ダニの発生を防いでくれます 。
森に出かけてその空気に触れると、精神的な安らぎと爽快感が得られます。それは木が、細菌などの微生物の繁殖を抑制する化学物質を分泌しているから。その抗菌性の物質の一つが、フィトンチッドです。森にはいれば風邪が治る、ヒバの家やヒノキの家は新築後 しばらくの間、蚊をよせつけない、などと言い伝えられているのも、このフィトンチッドの働きによるもの。防カビ性、殺ダニ性、悪臭除去効果などが確認されているほか、気道 の働きを良くする効果や血圧を下げる効果も判明しています。

調査
予備調査から現地周辺調査、現在位置調査の3段階で徹底的に調査をします。宅地に造成される前はどのような土地状況であったのかを把握し、付近に沈下している家屋はないかなどを調査、最先端機器を駆使して支持力・地耐力を調査します。また表層が硬く貫入法では調査しにくい土地に対しては感知できない程度の微かな地震を起こし、その影響から地盤の性状を深査するなどし徹底的な調査で将来への不安をゼロに近づけます。

解析
調査にて収集したデータをあらゆる角度から解析し、ちょっとした危険要素も見逃しません。

報告
解析結果をもとに、詳細なデータや写真を添付した「地盤調査報告所」にて結果をご報告致します。また万一、改良工事が必要な場合は、改良工事終了後に「改良工事報告書」をご提出致します。

対策
建物の固定重量はもちろんのこと、生活荷重や地域特性を踏まえた積雪荷重なども考慮。解析結果によっては、建物の支持力不足を解消する基礎補強工事のご提案や軟弱地盤の地耐力不足を解消する地盤改良工事を提携工事会社が施します。

保証
10年ごとに地盤を再チェックし、生涯にわたる安心を実現致します。
地域データをもとにプランニングされた基礎仕様に則った上で施行された建物に関して、地盤の不同沈下に起因する建物の損害費用を、お引き渡し日より10年間保証致します。保証内容は建物の補修費用、ならびに補修工事期間に必要とされる仮住居とそれに関する費用です。保証金額はひとつの事故につき最高5000万円、免責金額のない全額保証となります。また、この保証は、お客様のご希望により、10年ごとに地盤の再調査を行うことで、対象物件を抹消登記するまで継続できます。