小池住研

湖南市 K様邸 リフォーム工事

拡大写真
写真1 写真1 写真1 写真1
写真1 写真1
写真1 写真1 写真1

築35年のK様邸の、主にキッチン・リビング・玄関をリフォームさせていただきました。
元々キッチンはコンクリートの土間だったので、毎日の炊事のたびに大きな段差を上ったり下りたりで不便な上、冬は足元が冷えてとても寒いようでした。
そこで、床をバリアフリーにし温水式の床暖房を入れるというリフォームを施しました。これにより、足への負担が軽減されただけでなく、室内で火を使わないため部屋の空気を清潔に保ち、火事ややけどの心配もない安心で快適な生活が過ごせると非常に喜んでいただきました。

また、お施主様の希望で、大きな太い梁をあえて見せることによって、開放感のある明るいキッチンに仕上がりました。 さらに断熱効果の高いサッシで結露の心配が少なく、室内の冷気、暖気を逃がさないため省エネ効果も大きくなりました。

屋根には、ガラス製の瓦で青空からの光をたっぷり取り入れました。そしてリビングの天井には、天然木独自のすぐれた調湿作用がある杉の羽目板をつかい、木が放つ香りもあわせて部屋全体が健康で快適な空間に生まれ変わりました。